UG-05
UG-01
UG-150D
UG-02
 
FASTlab
UG-04-1510
UG-FT02
 
PET関連製品
ストロンチウム関連製品
UG-01専用遮蔽衝立
UG-05専用遮蔽衝立
防護用品
シリンジシールド
鉛関連シールド製品
 
高感度HPLC検出器
β線検出器
自動分注・品質管理システム
 
 
 
自動分注投与装置 UG-05

 主仕様
   
型  式 UG-05
外形寸法 558W X 336D X 993H (mm)
総 重 量 約470Kg
原液最大放射能量 37 GBq
投与速度 0.2 - 0.8 mL/sec
投与時の生食液量 28mL以下
原液分注液量 0.3mL〜15mL
投与速度誤差 ±5%
放射能量分注誤差 ±5%
放射能量測定誤差 ±5%
漏洩線量 表面線量 10μSv/h 以下
定  格 AC100V (50/60Hz) 150VA
自動分注投与装置UG-05は、院内で製造したFDG等「放射性薬剤」を必要の都度、指定量に分注し、被験者に自動投与が行われる装置です。また、医薬品製造会社から供給されるFDG等「放射性医薬品」をセットし、溶液の抜取りと被験者への自動投与についても可能です※。
本装置は遮蔽が施されており、院内で製造された大量の原液バイアルを格納し、分注投与作業においての被曝低減と従事者の作業効率の向上のために使用されます。
分注あるいは自動投与のすべての操作は装置上面の操作盤タッチパネルの簡単操作のため、日常の準備作業は通常看護師あるいは検査技師によって行われます。

※:本装置にて使用可能な放射性薬剤あるいは放射性医薬品は
   本装置の添付資料に記載されます。
■被曝線量は軽微です
原液37GBq存在時において、作業中の装置表面の漏洩線量は10μSv/h以下です。

■簡単操作です
全ての操作は本体上部のタッチパネルを見ながら、動作を選択し、数値を入力する対話形式で進行するので、短時間のトレーニングで操作することが可能です。また、院内製剤の2人目以降の繰り返し投与の場合、投与条件を入力するだけで、投与待機状態まで自動で進みますので、本装置近傍での作業時間は極短時間で済みます。

■過剰投与防止の安全対策が施されています
投与放射能量は実測されたのち、投与されます。この時、入力値の桁数ミス等なんらかの原因で、実測値が設定された上限下限の範囲を外れる時に、警告が表示され、投与を中止することができます。

■体重別投与が可能です
放射性薬剤(院内製剤)で体重別投与が可能な薬剤については、体重を入力することで設定されたパラメータから投与量が決定されます。

■選択された薬剤毎に操作パラメータが自動で設定され表示されます
多種類の薬剤を使用する場合でも操作者の負担になりません。

■投与データのPC保存が可能です

プリンタ出力されるデータはUSB端子を介してPCに保存することができます。


■バッテリが内臓されています
瞬時の停電や不意のコンセント外れでも1投与分の動作は継続されます。